スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回ハイスクールライブ in ESP

11月23日(祝日)に
第47回ハイスクールライブ in ESP
を実施しました。

出演は

泉陽高校PMC(幹事)
今宮工科高校軽音楽部
茨木工科高校軽音楽部
大阪府教育センター附属高校軽音楽部
港南造形高校軽音楽部
東海大学浦安高校軽音楽部

でした。

ゲストで出演いただいた東海大学浦安高校は
彗星colors. Bit's の2バンドが出演されて、
とても完成度の高い自作曲を演奏していただきました。
遠いところをありがとうございました。

幹事校の泉陽PMCの部員たちは、
司会、照明、ステージスタッフに分かれて
スタッフの仕事も手伝いました。
ESPライブの幹事はとても勉強になることが多いですね。

参加クラブの皆様、
ESPのスタッフの皆様、
大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ESP47+012_convert_20121125015425.jpg

ESP47+013_convert_20121125015511.jpg

ESP47+015_convert_20121125015534.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 部活 - ジャンル : 学校・教育

顧問コラム第19号

 大澤先生、ありがとうございました。

 今日は第1回軽音楽部会の
芸文祭予選会の2日目で、
江坂のCAT専門学校の7階にある
CATホールまで行きました。
先日、連盟基金からの支出で
「クビ掛け式の出演者パス」
を120ケ購入したのですが、
今回のイベントから使用しています。
ヒモの部分が、黒、赤、青、緑、黄、灰色の6種類、
それぞれ20ケずつ。
色が違うのでクラブごとに配布するときに
数のチェックがしやすくなっています。
今後、ネッソコンサートなどで有効活用していきます。

 CATホールに昨年はじめて訪れたときは
「どっひゃー!なんてでっかいステージなんだ!」
と感激したものですが、
その後何回かコンサートに参加させていただいてるうちに
だんだんと慣れてきまして、
今はそれほど大きな会場というイメージはありません。
でもあの横に広いステージと客席は、
「ゆったり感」がありますね。
客席どこからでも見やすいのもこのホールの特徴。

 それと音響、照明がすばらしいです。
○木楽器の某大会のときは、
「3万5千円も参加費ふんだくったんだから、
そのくらいのケアと照明はやってくれて当然だろ」
と傲慢にも思ってしまうのだが、
CATの場合はひとり300円の参加費だけで、
あの音響、あのライティングのステージを体験できるんだから、
本日の高校生出演者が心底うらやましいです。

 うちの部員に聞いてみても、
「音響と照明が素晴らしく良いので自然とテンションがあがりました」
と言っておりました。

 最後の出演者ミーティングで言ったこと。

 東京の高校軽音楽部は「オリジナル曲志向」が強く、
これとは対照的に大阪の高校軽音楽部は
「カヴァー志向」が強いといわれます。
「観に来てくれたお客さんに、より楽しんでもらいたい」
というサービス精神は、
大阪人の根本にあるものであり、
東京人には欠けているもの。
ゆえにエンターテインメントの意識に限れば
大阪の軽音楽部が全国で一番進んでいるのではないかと思います。
 それはとても大切にしていくべきことであり、
我々はエンターテインメント志向を忘れてはいけない。
東京の高校生のオリジナル志向に
必要以上に感化されることはない、
と私は思います。

 スニーカーエイジのステージを全般的に評して
「あれはロックバンドじゃない、ミュージカルだ」
とか言う人がいますが、
私は「面白かったら、楽しかったらステージ上では何でもアリや」
と思ってます。
「ロックバンドはこうあるべき」
と特定のイメージを決め付けてしまった時点で、
そいつはロックスピリットを失ってますね。
常にいい意味で「観客のドギモを抜く」
ということを考えて欲しいのです。

 私もすでに人生下り坂ですから、
関わるひとつひとつのイベントには
「何かひとつでもいいから面白い仕掛け」
を常に取り入れていこうと思ってます。
 
というわけで、
年末の芸文祭は「紅白歌合戦」でいきましょう。

 学校の仕事でも「例年通り」
というのが一番面白くないじゃないですか。
思考停止ですよね。

 第1回の芸文祭が「面白いイベントだった」
ということになれば、
来年の参加クラブがもっと増えて、
一層バラエティに富んだイベントになっていくことでしょう。

 では、今回パスカード用紙の制作をお願いした
今宮工科高校顧問の辻岡先生に次のバトンを渡します。
今度はちゃんと書いてや!

テーマ : 部活 - ジャンル : 学校・教育

芸文祭2012ウィンターフェスティバル予選

2012.11.17~18.

20121118-1.jpg

芸文祭の軽音楽部門として,記念すべき第1回目が開催されました.

11/17(土)第1日目
  茨木工科高校
  今宮工科高校
  懐風館高校
  金岡高校
  咲くやこの花高校
  佐野高校
  桜塚高校
  桜宮高校
  枚岡樟風高校
  都島工業高校
  淀商業高校


11/18(日)第2日目
  和泉総合高校
  今宮高校
  上宮太子高校
  柴島高校
  金剛高校
  堺東高校
  樟蔭高校F・K
  泉陽高校
  汎愛高校
  阪南大学高校
  東大谷高校
  明浄学院高校


予選となる今回は,江坂にあるCATホールをお借りしての実施です.
両日とも各高校の代表バンドにより,6つのテーマいずれかに沿う楽曲を
1つ選んで演奏します.
セレクションとはいえ,予選でもフェスティバルとしての要素を消さない
ように配慮されていて,見ている方もバラエティーに富んだステージを
楽しめました.

続きを読む

顧問コラム第18号

咲くやこの花高校軽音楽部顧問の大澤です。

 軽音連のたくさんのイベントに参加させていただいているおかげで、
部員は充実した部活動ライフを送ることができています。
日々感謝です。
今回の連盟長からのご指名に
速攻で応えられたら良かったのですが、
何を書こうかと悩みながら
数日を過ごしてきました。
どのみち大したことは書けませんので、
思いつくまま書きたいと思います。


 常日頃ロックやらファンキーやらを語っている顧問の
ここ数年の趣味は、
「ガーデニング」でして、
自宅のわずかながらの庭を
ちょっとずついじっていたのですが、
軽音楽部の活動が忙しくなってからは、
なかなか手入れができていません。
 当然のことながら庭は荒れ放題。
さすがに辛抱できずに庭の手入れを思い立ち、
植栽スペースの整備をこの秋口から行っていますが、
これがなかなか思うように進みません。
気がつけば、もう11月も半ばに差し掛かっていて
ちょっと焦っています。
毎年チューリップを大量に植え付けるのですが、
この時期を逃すと生育に影響しますので、
頑張って植え付けができるぐらいには
と思っている今日この頃です。


 早いもので、本校は開校から5年目になります。
軽音楽部連盟との関わりは、
開校年の軽音楽部大会から後からですので、
こちらも5年目です。
咲くやこの花高校の前身である此花総合高校では、
最終はたった4人で活動していて、
イベント数もそこそこあれば十分だったのですが、
咲くやこの花高校になってからは一気に部員数が増え、
イベント数を確保する必要もあって、
野音に出演させていただいたのを機会に
連盟に加盟させていただきました。
以降、イベントや交流会などを通じて
いろいろとお世話になっています。
その間、クラブ予算や部費を使って
(顧問の持ち出しもありますが)、
少しずつ音響機材を揃えることができ、
おかげさまで、
他校さんを迎えての校内ライブもできるようになりました。
そんな中での目下の興味は、
照明機器に移っています。

 照明については全く知識がなく、
手を出す予定はなかったのですが、
使い始めて何となく仕組みがわかってくると
これが楽しいんです。
興味をもつ部員も出てきて、
予算のほとんどを照明器具に突っ込もう
という勢いになっています。
 LEDの照明器具は消費電力が少なくて良いですねぇ。
本校の教室はコンセントがどの部屋も1回路なのですが、
少々灯体を増やしても安心して使えます。
最近ハコのイベントでは、
音響機材よりも照明器具に関心が行ってしまっています。
光線の角度やら配置やら種類やら。
ステージの色づけや光線を出すには
やっぱスモークはいるなぁ、
などひとりで盛り上がっています。


 さてさて、今週末は芸術祭の予選ですね。
本クラブも出演させていただきます。
演奏曲が盛り上がる曲ではありませんが、
良いイベントになるよう頑張ります。

テーマ : 部活 - ジャンル : 学校・教育

顧問コラム第17号「芸文祭を盛り上げよう」

 今日、3年生の授業をしているときに、
ふと黒板の横の壁を見たら、
芸文祭の小さいポスターが貼ってありました。
そのポスターの真ん中あたりに
「軽音楽部門 12月27日」とあって、
感慨深いものがありました。
芸文祭なんて他人事、
と考えていた去年の今ごろには
想像もできなかったことです。

 その第33回芸文祭の軽音楽部門
(軽音楽部門としては第1回です)は
12月27日に東成区民ホールで
CAT専門学校のサポートを受けて実施します。

 昨日の夜はその打ち合わせのために
江坂CAT専門学校まで出向きました。
出席していただいた関係の先生方、
遅くまでご苦労様でした。
ああいう 「夢のある話」はいいですね。
ESP学園を紹介していただいた当初に、
ESPの担当の人や吉村先生と
「大阪城野外で大きなイベントやって
満員にしてやりましょうよ!」
と熱く語っていた時期も楽しかった。

 実施要綱にも書きましたように、
12月27日の芸文祭軽音楽部門は
コンテストにはしておりません。
でも僭越ながらスニーカーグランプリよりも
さらに後で実施する年末のイベントだし、
何らかの仕掛けは欲しいよなー。

 そこで思いついたのが 「紅白歌合戦」。

 出演するバンドをボーカルの性別を基本に、
紅組白組に分けます。
ほんで、紅組白組が交互にバンド発表していきます。
これだとどっちが優勝しても
別に何のあとくされもないじゃないですか。
ま、連盟から支出して、
優勝したチームには
お菓子のプレゼントでもしましょうか。

 イベントの最後は、
全バンドのボーカルがステージに上がって、
何かみんなで1曲歌って(クイーンの曲はやめとこう)、
締めます。
総合司会は連盟長がやるのか?
いや待て、私は軽音楽部会の副会長やぞ。
VIP席でゆっくり鑑賞するのが
筋というものではないのか。

 紅組応援団長、白組応援団長というのも必要だ。
南極観測船とかと中継が繋がったりしたらかっこいいぞ。

 いかがでしょうか。
想像するだけで楽しそうじゃないですか。

 しかし!
 そんな楽しいイベントに出演できるのかどうか、
ここの関門が結構難しい。
11月17日、18日の2日間に渡って、
江坂CATホールで 予選会が実施されます。
セレクションは
「CATの講師の先生方に完全におまかせ」
です。
 CATの先生方には
「このバンド、もう1回観てみたいなあ」
と思うバンドを選んでいただきます。
 発表は後日ホームページ上で。
 
 したがって当日は、
普通のハイスクールライブのように
淡々と進行していきます。
1バンド1曲の発表です。
純粋に高校生のコンサートとして
楽しんでいただけると思います。
ぜひお越しください。
そして来年は
さらに多くのクラブの参加があることを願っています。

 さて、顧問ブログ、
次は芸文祭にもエントリーされている、
咲くやこの花高校の大澤先生にお願いしたいと思います。

テーマ : 部活 - ジャンル : 学校・教育

High School Live 新人戦クリニックライブ2012

2012.11.03.

20121103-1.jpg

2学期のVAOイベントはこれ,新人戦クリニックライブです.

本日の出演校は,
 和泉総合高校さん
 茨木工科高校さん
 今宮工科高校さん
 懐風館高校さん
 金岡高校さん
 港南造形高校さん
 金剛高校さん
 堺東高校さん
 桜塚高校さん
 樟蔭高校Fさん
 樟蔭高校Kさん
 東大寺学園高校さん
 枚岡樟風高校さん
 東大谷高校さん
 都島工業高校さん(幹事校)
 淀商業高校さん

の16校でした.

続きを読む

 | ホーム | 

プロフィール

軽音連大阪

Author:軽音連大阪
高等学校軽音楽部連盟大阪は高校軽音楽部系クラブの顧問と部員がともに創り上げる、音楽を通じた交流により人間性を高めるための団体です。

カテゴリー

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。