2017オムニバスCD 審査

運営委員会報告
06 /17 2017
2017.06.17.

軽音楽部連盟大阪では,毎年1枚オムニバスCDを制作しています。
これは,連盟所属の高校でオリジナル曲を有するバンドがエントリーし,選抜を経てCD収録されるものなのですが,全国的に見ても大変珍しい形態のようです。
候補に残ったバンドは,クリニックを経て更に磨きをかけ,夏休みを利用して本格的なスタジオで半日かけて収録します。
作品の完成は11月になりますが,収録バンドのメンバーにとっては、一生モノの宝になります。
また2月には連盟CDをカバーする大会も開かれており,楽曲が世代を超えて歌い継がれていくと供に,先輩方の作品をどうアレンジして自分たちの楽曲に仕上げるかという重要な要素が盛り込まれているのです。

さて,前置きが長くなりましたが,今日は朝から一日掛けて楽曲のセレクションをする日なのです。
今年のCDにエントリーされる栄誉を得るのはどのバンドなのでしょうか。結果発表をお楽しみに。

それと,まだオリジナル曲を持たないバンド諸君。機会を見つけてどんどん作ってみてください。そう,”どんどん”が大切なのですよ。
                         (事務局:Masui)
スポンサーサイト

軽音連大阪

高等学校軽音楽部連盟大阪は高校軽音楽部系クラブの顧問と部員がともに創り上げる、音楽を通じた交流により人間性を高めるための団体です。